忍者ブログ
ムコウミズナイトシキアクマ 仮設置場所。ほぼ動かなかったり、予告無く消える可能性有り升。
[59] [58] [57] [56] [55] [54] [53] [52] [51] [50] [49
- 2017.11.24,Fri
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

- 2012.07.04,Wed
私の現段階の認識まとめだ。
齟齬があったら申し訳ない。

/

●目的
・トカゲ海賊の殲滅
・人質の救出(人魚、及び船内の人間)
・船の奪取
 
→ふじもりみきやMSのシナリオ、
「トップカオティックゲイル号の戦い」とリンク
http://t-walker.jp/eb/adventure/op.cgi?sceid=11529
 
我々「トップカオティックゲイル号の刃嵐」はこちら。
http://t-walker.jp/eb/adventure/op.cgi?sceid=11542
 
●流れ
★戦闘1:海岸での戦い
▼前哨戦。人魚を連れて行くトカゲ4体を潰す
ステルス持ちが先頭となり可能な限り隠れて近づき奇襲を狙う。
近接攻撃で一気に攻め入り敵と人魚たちの間に割って入る。
 
殲滅は迅速に。
 
▼手漕ぎボートに乗り海賊船へ
怪しまれない為の偽装を行う。
・トカゲの死体を一匹乗せ生きてるように見せかける。
・他海賊や奴隷のフリ(男性)、人魚のフリ(女性)、積荷に隠れる等で偽装。
ただ海賊の変装は相手がトカゲなので違いが解りやすいかもしれない。
後人魚するなら脚は布か何かで隠すといいかも。
漕ぎ手も必要(奴隷or海賊変装が候補?)
・移動中ホークアイ等で他隊を確認できるか試みる。
 
▼合図
他隊と同時に敵船に乗る為合図を取る。
 
・戦闘準備の合図(登る際にノックノック・ハンドサインは可能なら)
・登る
・花火と同時に乗り込む
 
花火で敵の注意を逸らしその間に一気に攻め込みたい所。
敵船に乗り込んだら戦闘2へ
 
★戦闘2:海賊船での戦い
他隊と合同で戦う
▼我々は『ホワイトハーピー・ピュイエ』を狙う。
…で良いだろうか他隊の方々。
 
・ウィルコ、レクサスでボスを抑え、他が雑魚殲滅
プラスワンで巻き込み潰してく。
・その後全員でボス攻撃
 
▼船内の奴隷について
以下可能なら話
・船内への入り口を抑える
(戦闘開始時に船内への入り口占拠、入り口をゲートエンブレムで封鎖?)
ただし敵が全員外に出てるか確認した方がいいかもしれない。
・船内に立ち入ろうとした奴を優先して潰す
 
●配置
前衛:レクサス、ガルデニア、ルク、ヴィンツェンツ、ウィルコ
後衛:ダリス、カルディノ、ユーリィカ、チェリア、エルス
 
 
◎=未確定

PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ココのコト。
・株式会社トミーウォーカー
・エンドブレイカー!
・無限のファンタジア

以上に一欠けらも覚えがない!って方
リターンをとてもお勧めシテオリマス
此処は上記の会社サンのPBWで遊び中の
キャラの話書きチラシとプレ置き場とか色々
稀に中身な話も書きだしたり。
つまりガラクタ部屋

バトンもたまにかりかり
自キャラのお知り合いでバトン書きたいけど
ブログ無い!めんどい!って方
代わりに載せますぜ。
生息。
▽エンドブレイカー!

「Jawohl」
Caldino.Vierriter


「歌、聴きたい?」
Noschat.Tenofon


「獲物ドコー?」
Vll

▼無限のファンタジア
a59254.a60164.a60911....
使用画像について。
================================
 この作品は、株式会社トミーウォーカーのPBW『エンドブレイカー!』用のイラストとして、(発注したお客様の名前)が作成を依頼したものです。 イラストの使用権は(発注したお客様の名前)に、著作権は(イラストマスター名)に、全ての権利は株式会社トミーウォーカーが所有します。
================================
ブログ内検索
最新CM
[06/15 ルーク]
[06/15 Ⅶ]
[06/14 餅]
[06/08 イリーク]
[06/05 チュロス]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カウンター
アクセス解析
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]